Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ポスペ モコ時計
オーラソーマ 今日のボトル
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ブルース・ファートマン先生との学び
0
    2015年3月21〜22日 ブルース・ファートマンと学ぶアレクサンダー・テクニーク講座を開催いたしました。

    お越しいただいた皆様の学ばれる姿を通して、今年も多くのことをブルース先生から学ぶことができました。
    本当にありがたいことと感謝の氣持ちでいっぱいです。

    長く通ってきてくださっている生徒さんがたの新しい一面を発見したり、ブルース先生がどのように教えられているかを通して、
    自分のTeachingにもっとも必要なことも見えてきました。
    新しい生徒さんがたの反応や嬉々として課題に取りくまれている姿に感動したり、
    毎年の事ながら、アクティビティ・レッスンでうるうるしたり、アレクサンダー・テクニークを学ぶこと・教えることの素晴らしさを改めて実感いたしました。

    また、今年のテーマ「The Power of Wish 〜願うことの力〜」についてブルース先生は、
    「正直テーマを理解しているか分からない」とおっしゃっておられたのですが、
    私にとって、教えてほしいことのどんぴしゃりでした。

    アクティビティ・レッスンでドラマチックに変化がおき、その方の本来の輝きや美しさが現れると同時に、
    そこにアプローチするための最初の一歩もシンプルに、繰り返し、実践する方法も教えてくださったのです。
    続きを読む >>
    posted by: enlightenblog | アレクサンダー・テクニーク | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ブルース・ファートマンと学ぶアレクサンダー・テクニーク講座in福山2014
    0
      今年で3回目となりました
      『ブルース・ファートマンと学ぶアレクサンダー・テクニーク講座in福山』を
      2014年3月29・30日(ふくやま市民交流館 於)に開催いたしました。

      初回からアシスタント・ティーチャーとして大阪からお越しくださっている井上雅子さんと私にとっても、ブルース先生から学ぶ貴重な機会です。ブルース先生は、私たちにも「何が学びたい?」と聞いてくださいます。
      そして今回は、まったく初めてやる内容ばかりだから2人にとっても面白いと思うよ、と言いながらスタートされました。

      1日目は、ブルース先生創作の天地創造のストーリーから始まりました。
      創造主は「Tanjoさん」、その方?が退屈したので空間を創った、というところからお話は始まります。
      初めて聞く話なので、そのお話が何を教えようとしているのか、ワクワクどきどきで楽しくて仕方のない時間でした。

      SpaceとGround、空間と大地について、ベランダに皆で移動して景色を見ながら、電車の中を再現したり・・・とさまざまな方法で教えてくださいました。
      そして、私たちが私たちの本来占めているスペースより、どうやって自分を小さくしているか、自分自身全体のスペースを使う体験を生徒さんにしてもらってから、これが自分にYESということですよ、ってまず教えてくださいました。

      私たちが普段忘れてしまいがちな好奇心をくすぐるやり方で、ものに触れる、というアクティビティも全員でやりました。

      そしてピアノを弾かれる生徒さん方のアクティビティ・レッスンへ・・・
      会場の都合で、ピアノがあるのが初日だけだったからですが、4名の方たちに続けてやっていただきました。
      どの方のレッスンも素晴らしく感動的でした。
      とりわけ私にとっては皆、数年続けてレッスンを受けてくださっている方々なので、思い入れもいっぱいだったわけですが、それを差し引いたとしてもとても素晴らしかったと思います。

      ブルース先生は、アクティビティ・レッスンの中でも”空間と大地”というコンセプトを軸にティーチングされていて、それもワークショップに参加された方たちにとっても学びになったことでしょうお願い

      そして2日目に・・・ねっ
       
      続きを読む >>
      posted by: enlightenblog | アレクサンダー・テクニーク | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ブルース・ファートマン公開レッスンin馬屋原音楽教室
      0
        馬屋原音楽教室(広島県福山市戸手)にて、
        ブルース・ファートマン先生による公開レッスン(2014年3月28日(金))を開催いたしました。

        馬屋原音楽教室の生徒さんを中心に、ピアノ・フルート・バイオリン・歌と様々なアクティビティ・レッスンを聴講生を迎えて行いました。
        お1人のレッスン時間が15〜20分程度と限られたものでしたが、とても有意義な学び多い会になりました。

        生徒さんも、小学校1年生〜成人の人までとバラエティに富み、同じ楽器を演奏される方でなくとも得るものは多かったのではないかと思います。

        2015年3月21・22日のブルース・ファートマン先生と学ぶアレクサンダー・テクニーク講座(in 福山)の日程に合わせて、来年も開催する予定です。
        次回は、今回の反省をふまえ、さらに有意義な会になるようにしたいと思っています。

         
        posted by: enlightenblog | アレクサンダー・テクニーク | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ブルース・ファートマン先生のワークショップin松江2014
        0
          昨年に引き続き、今年も松江のワークショップ(2014年3月8日・9日)にアシスタントとして参加してきました。

          今年は、昨年5月・6月・9月・10月と4回ほどグループレッスンを教えに来たときにご参加くださった方たちの顔もみられてよかったです。

          8日(土)は、3時間という限られた時間の中でしたが、
          アレクサンダー・テクニークは不必要な緊張を手放す(unwrapping)していくことであり、それを手助けするのが教師の役目、
          だれがWrapしたのか?(プレッシャーを作り出しているのは誰か?)
          ということをMovement Metaphorを使って、発見・実感していただいた後で、unwrapするために第4の選択があることなどを教えておられました。

          それが9日(日)のアクティビティー・レッスンの中でも積み重ねの学習として活かされていました。

          生徒さん方が、さまざまな課題をアクティビティ・レッスンで学習していかれる過程を私も間近で学習することができました。

          例えば、クレームを言われた際に、第4の選択肢があることを体験していただき、それによってクレームをつけていた役割の方が変化していくことを通して、他者は変えられないけれど、自分自身を変えることができるということと、その結果として周囲の人や状況が変化することはある、と。
          何を現実ととらえ、それにどう反応するか、は私たち次第なのです。
          アレクサンダー・テクニークは、どう反応するかについての気づきをもたらしてくれる、お手本のようなアクティビティ・レッスンでした。
           
          続きを読む >>
          posted by: enlightenblog | アレクサンダー・テクニーク | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          Enlighten とした理由
          0
            私の活動のテーマである”Enlighten〜自分の光を輝かせよう〜”
            Enlightenは、個人事業主としての屋号でもあります。

            どうしてそうしたかというと、ブルース・ファートマン先生のレッスンを受けるために移動していた2005年のアメリカ行きの飛行機の中で「コーチカーター」という映画を観たことがきっかけです。
            他の方たちがほぼ寝静まった時間、私はこの映画を観ながら号泣しておりました。

            とくに「OUR DEEPEST FEAR」の詩を、コーチカーターに感謝の意も含めて生徒の一人が伝えるシーン
             

            皆がもっとも恐れているのは、自分の闇ではなく
            自分の光を輝かせることである。
            それを恐れ、自分を小さくして振舞うことは何の役にもたたない。
            むしろ、自分の光を輝かせることが、他の方たちをも勇気づけることになる。
            そして光は特別な人のものではなく、私たちすべてが等しく持っているもの。
            だから、自分の光を輝かせようと呼びかける内容です。

            劇中、コーチカーターがこの生徒に何度も「What is your deepest fear, young man?」と問いかけます。
            周りの生徒たちも含め、その意味が最初はわかりませんでした。観ている私たちも同様に。

            この詩のように、アレクサンダー・テクニークを教えることを通して、
            実際の自分の大きさや光を、余分な緊張という”制限”によって小さくしてしまっていることに気づき、それを手放していくことで
            生徒の皆さん方がおのおのの光を輝かせることに貢献できたらとの願いをこめて、
            Enlighten としました。
             
            posted by: enlightenblog | アレクサンダー・テクニーク | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            間違いも正しいもなく見る
            0
              2013年12月7・8日ブルース・ファートマン先生のWS
              「ボディワーカー&セラピストのためのアレクサンダー・テクニーク」in 神戸 
              詳細はこちら
              にアシスタントとして参加させていただきました。

              人の身体を正しいとか間違っているとかいうふうに見たことがない、とブルース先生。
              ”その人の表現として見ている” ”ただ人を見るのが好き”ともおっしゃいました。

              そして私たちにも、人を観察する時どのように見るのか、ということについて実際に電車の中で向かい合って座っている状況を再現して、「ほら、一人として同じ形で座っていないよ。」と言いながらお話してくださいました。

              それからまた、「ウエスト」ってどこ?という話から、また腰とか肩とか”名前をつけて”呼んでいるけれど、皆思っているところが違ったり、”名前そのものをつけないで”身体を観察したり、感じたりしてみるということもやってみました。

              どう観察するのか・・・私たち教師にとっても、セラピストたちにとっても大切な視点。
              その中で、正しいも間違いもない、という考えと”名前がつく前の状態”今回はこのことをmammal body(哺乳類としての身体)と表現されてもいました、が印象に残りました。
              また、”面白がって”(ふざけてという意味ではなく)見る、ということも大切だなぁと感じました。

              また、自分自身を観察するということについては、
              続きを読む >>
              posted by: enlightenblog | アレクサンダー・テクニーク | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              シンプルなこと
              0
                2013年11月30日・12月1日のブルース・ファートマン先生のWS
                「身体と心をつなぐ 〜心のケアをする人のためのアレクサンダー・テクニーク〜」in大阪
                詳細はこちら
                にアシスタントとして参加してきました。

                ブルース先生は、日本においてセラピストのためのアレクサンダー・テクニークWSも数多く教えておられますが、
                そのコンセプトの一つが、”ケアする人をケアする”です。
                ケアする方々の技術は、それだけで十分に相手の方をサポートしていますが、そのケアしている方々をアレクサンダー・テクニークを使ってブルース先生がサポートすると、ケアする人、される人という関係から、互いにケアする(ダンスをしているように)に変わっていくのです。

                今回は、ことに〜心のケアをする人のための〜ですから、アレクサンダー・テクニークを”身体の使い方を学ぶ”と捉えておられるかたには???であることでしょう。
                けれども、このWSの主催者が問いかけているように、またF.M.アレクサンダーその人が言ったように”心と身体は切り離せない”ものであること、を実感する2日間でした。

                2013年3月に開催した広島県福山市においてのブルース先生のWS「To be a Whole person ~じぶん自身全体であるために~」のなかでも私たちに伝えようとされていたことも、今回改めて深く染み入るようなWSでした。

                その中でもとてもシンプルなメタファー(たとえ話)による”Thinking(思い方)”が私のなかに残りました。




                 
                続きを読む >>
                posted by: enlightenblog | アレクサンダー・テクニーク | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ローザ先生とのアクティビティ・レッスン
                0
                  ひさしぶりにローザルイザ先生にお会いし、アクティビティ・レッスンを受けました。
                  場所は、島根県松江市(Aru Quality Pro主催)です。
                  3日間の合宿形式で行われていましたが、都合で部分参加、日帰りでの参加でした。

                  ローザルイザ先生に初めてお会いしたのは、アレクサンダー・アソシエイツ主催の多治見合宿でした。
                  アレクサンダー・テクニークは単なるボディ・ワークではないことと、”今、ここにいる”ということについての新しい発見があったのを覚えています。

                  ATI公認教師となるためのアセスメントを受けさせていただいた3人の教師のうちのお一人でもあり、そのときローザ先生から学んだこと(アセスメントを受けたときの強烈な印象)が今も忘れられません。

                  今回はアクティビティ・レッスンを受けるチャンスがありました。
                  小さな紙に名前を書いてボールにいれ、それをさらに1日だけ参加の人と全体参加の人に分けて、くじを引く形で順番を決められたのも印象的でした。
                  やるにしても一番はイヤだなぁ〜と思っていると、思いっきり”Hiroko”と呼ばれましたえ
                  そして、”篠笛を吹く”をやってみました。

                   
                  続きを読む >>
                  posted by: enlightenblog | アレクサンダー・テクニーク | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  アクティビティ・レッスン withブルース・ファートマン
                  0
                     ブルース先生のグループレッスンの中で学ぶことの多いのは、なんと言ってもアクティビティ・レッスン!と私は思っている。

                    アレクサンダー・テクニークは、ハンズ・オン・ワークと呼ばれる独特の方法とともに生徒さんに学習していただくが、ブルース先生のように非常に洗練された人のワークを受けると、その変化の大きさ、自由度の拡がりから学ぶというより、してもらったというような”受身”の感覚に陥られる場合も多くなる。

                    フィードバックでも、ブルース先生のワークを受けて「治してもらった」という意味の発言をされる方も少なくない。

                    しかし、アレクサンダー・テクニークは『学習であって、治療ではない』のである。

                    その違いが際立つのが、アクティビティ・レッスンではないだろうか。

                    参加者が、それぞれの立場でやってみたい課題を挙げる。

                    人前で話す。
                    職場の苦手な人についイライラしてしまうのを何とかしたい。
                    初対面の人と話すとき緊張してしまう。
                    介護をしている母をベットから車椅子へ移ってもらう。
                    楽器を演奏する。
                    セラピストたちの仕事の一場面。

                    などなど、私たちの生活の一場面、動きのあるところにすべて学びがあります。

                    私自身もグループレッスンや個人レッスンでアクティビティ・レッスンをしますが、
                    ブルース先生のアプローチの仕方、つまりは教え方が
                    いつも驚きと学びの宝庫なのです。

                    なにが、そんなに違うのか?!
                     
                    続きを読む >>
                    posted by: enlightenblog | アレクサンダー・テクニーク | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ブルース・ファートマンIN松江市
                    0
                       ブルース・ファートマン先生のWSが、
                      2013年3月9日(土)と10日(日)に松江市にて
                      開催(漢方・女性クリニックmio主催)されました。

                      土曜は島根県民会館にて、
                      そして日曜はかやぶき交流館という自然豊かな場所、
                      その名のとおりかやぶき屋根の素敵な建物が会場でした。


                      休憩の間や終わってからの時間も質問に来られたり、
                      当初土曜だけの参加予定だった方も、日曜も来たいと急遽申し込まれたり、
                      熱心に学ぼうという方々が多い、という印象でした。

                      2日目の最初は、いきなり「土曜にいなかった人はイントロをHirokoと」と振られて、
                      小さなグループになってブルース先生たちのWSの横でアレクサンダー・テクニークの最初の一歩を一緒に学ばせていただきました。

                      すでに経験されていた人もおられましたが、OTさん、看護師さん、など普段他者のサポートをされている方々だったので、同じように手を使いながら私たちアレクサンダー・テクニークの教師は何をしているのか、について体験しながらお伝えしました。

                      今回も学ぶことの多い2日間でした

                      一緒に学習したみなさん、ありがとうございました。

                      posted by: enlightenblog | アレクサンダー・テクニーク | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |