Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ポスペ モコ時計
オーラソーマ 今日のボトル
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
吹くこととのどを絞めること
0
     今日は、体験レッスンから数えて3回目のレッスン。
    前回は、立ち方、構え方を教わった後、3つの音の出し方を学んだ

    今回、最初の音を連続で出す時、先生から
    のどを絞めたようなクッという音が混ざっている、とご指摘いただいた

    歌うときも、もちろん話している時ものどを絞める癖があることは、アレクサンダー・テクニークを学ぶ中でなんとなくそうなんだろうなぁと思っていた。
    けれど、痛くならないし、あまり気にしていなかった。
    レッスンでワークしていると、自分の声が通りがよくなるので、生徒さんに助けられているなぁと感謝の気持ちを感じつつ、ということは普段・・・だろうなぁと予測はしていた。
    だが、話したりしている最中での自覚があまりなかった。

    吹いている時、のどを締めるのをやめるためにいただいたアドバイスの表現の中で、”裏声を出しているときのように”というのが私にとってな〜るほど、だった

    これに気をつけて”吹く”練習をしていたら、結果としてのどを絞める感じがつかめるのでは、と嬉しくなってきた。

    でも、・・・
    一度に新しいことはできない

    3つの音を交互に、あるいは簡単なメロディとして吹こうとすると、腕が肩がいろんな所がわしもわしもと干渉してくる。
    息の量も調節しなければ、最後の所で続かなくなるか、余韻を残して終われない・・・
    息をすってすぐ吹くのではなくためて、お尻の穴を締めて、腹に力を入れて・・・

    楽器をされる生徒さんに、気軽に〜してみたらどうでしょう、などと言っていたが、皆さんいろんなことを一度にされていたのだなぁと、やってみて改めて実感したのでした。
    その上で、いつもの習慣と違うことをやろうとすることが、如何に大変なことか・・・。

    でも、今度はそれを順々にどのような段階で練習していけばいいか、思考錯誤していこうと練習するのが楽しみになってきたのでした 
    posted by: enlightenblog | 篠笛レッスン | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.enlighten.jp/trackback/1203927
    トラックバック