Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ポスペ モコ時計
オーラソーマ 今日のボトル
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ローザ先生とのアクティビティ・レッスン
0
    ひさしぶりにローザルイザ先生にお会いし、アクティビティ・レッスンを受けました。
    場所は、島根県松江市(Aru Quality Pro主催)です。
    3日間の合宿形式で行われていましたが、都合で部分参加、日帰りでの参加でした。

    ローザルイザ先生に初めてお会いしたのは、アレクサンダー・アソシエイツ主催の多治見合宿でした。
    アレクサンダー・テクニークは単なるボディ・ワークではないことと、”今、ここにいる”ということについての新しい発見があったのを覚えています。

    ATI公認教師となるためのアセスメントを受けさせていただいた3人の教師のうちのお一人でもあり、そのときローザ先生から学んだこと(アセスメントを受けたときの強烈な印象)が今も忘れられません。

    今回はアクティビティ・レッスンを受けるチャンスがありました。
    小さな紙に名前を書いてボールにいれ、それをさらに1日だけ参加の人と全体参加の人に分けて、くじを引く形で順番を決められたのも印象的でした。
    やるにしても一番はイヤだなぁ〜と思っていると、思いっきり”Hiroko”と呼ばれましたえ
    そして、”篠笛を吹く”をやってみました。

     
    篠笛を人前で吹く、音楽発表会のときだけおきた場面緊張で下唇からアゴにかけてが震えてしまうこと、加えて私はアレクサンダー・テクニークの教師なのにそれが抑制できない、ってことが課題であるとお話してから始めました。

    吹いてみると最初は震えなかったが途中から震え始めると、それをどうすることもできませんでしたし、そのことにがっかりしている自分がいました。
    ローザ先生は、私の篠笛をみながら笛のかたちや素材には意味がありますねなどとお話され、私にこう尋ねてくださいました。
    「あなたの笛は、どんなふうに吹いてほしいと思っているのかしら?」と。それを笛から教えてもらったらよいのでは?という意味のことをおっしゃいました。また、ここは安全な場所ですとも。
    正直いって、その場ではあまりローザ先生が教えようとされていることを理解できませんでした。
    安全な場所だと言われても、安全だと思えないとも感じていましたし、ましてや私の笛がどんなふうに吹いて欲しいと思っているのかなんて分からない・・・、またハンズオンワークもただ横にたって背中あたりに触れてくださってお話してくださっていたけど???くらいだったのです。

    その後、途中の休憩中にローザ先生に、もう一度”私は何をしているように見えたか?”と質問すると、”too much thinking”とだけおっしゃいました。それはそうかもしれないけど、具体的に自分はどうしたらいいのかわからない・・・という消化不良の状態でした。

    その後、もう一度アクティビティ・レッスンのときにローザ先生がおっしゃられたことを何度も考えてみました。
    「あなたの笛は、どんなふうに演奏してほしいか?」
    ちょうど翌日、バイオリンをやっている生徒さんのレッスンがあったので、その日のレッスンの締めくくりに彼女に
    「あなたのバイオリンはどんなふうに演奏してもらいたいと思っているかに注意を向けて演奏してみて」というと、ちょっと考えた後に弾きはじめた彼女の音はとてものびのびしていました。
    どう思ったの?と尋ねると、”響かせて”と言っている気がしたので、という答え!

    私自身はというと、私の笛のそんな声はそのときは聴こえていませんでした。
    ”震え”はじめるとそのことに思考がとらわれ、持っている篠笛の存在はおろか、自分自身のからだもどっかに行ってしまっていたということ、”安全ではないという考え”も私の中にあるだけのもの・・・、同じ問いかけを自分にすればするほど、いろんなことに気づいていけるようでした。
    そして、幾日かのちのある練習中、ふと”楽しんで吹いて”と笛が言っているような気がしたのです。
    その途端、涙があふれてきました。

    アクティビティ・レッスンの場で、劇的に変わって何かを発見するというのも感動的だけれど、先生の質問がそのレッスン後にこんなにじわじわといろんなことを教えてくれることに、改めて教師の問いかけの大切さを思いましたkyu
    posted by: enlightenblog | アレクサンダー・テクニーク | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.enlighten.jp/trackback/1203967
    トラックバック