Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ポスペ モコ時計
オーラソーマ 今日のボトル
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
自己信頼と一貫性
0
    ラルフ・ウォルドー・エマソン著『自己信頼』(新訳) 伊東奈美子訳 海と月社 を読んだ。
    だれかがエマソンの言葉を引用しているのを見るたび、彼の著書を読んでみたいと思い購入していたものの、まだ読んでいなかった。

    人々を自己信頼から遠ざける恐怖のひとつとして”一貫性”について述べられた箇所で、私は衝撃を受けた。

    いま考えていることを断固として語りたまえ。そして明日は、たとえ今日いったことのすべてと矛盾していても、そのときに考えていることを断固として語るのだ。

    彼の言う”一貫性”こそ、私がもっともこだわっていたものであり、自分の選択にとても影響していた考えだからだ。
    そして、”一貫性”のない人を信頼できないと批判さえしていた。
    以前はこう言っていたのに、今はこんなことを言う、政治家みたいな人だと。
    そして私は、そういう人間にはなりたくない、と思っていた。

    そんなことをすれば間違いなく誤解される、と思うかもしれない。では、聞こう、誤解されることはそれほど悪いことなのだろうか?


    という文章のあとに、こうも書かれていた。

    私には、自分の本質に背くことのできる人はひとりもいないように思われる。アンデスやヒマラヤの起伏も、地球全体の曲線から見ればとるに足らないように、ころころと態度が変わっているように見えても、その人自身の法則に照らせば、ある範囲におさまっているものだ。その人をどう評価し、試そうと、それは変わらない。

    今までどれほど”一貫性”にこだわってきたのだろう。

    私は、アレクサンダー・テクニークでいうところの”不必要な緊張”とは、自分自身にかけた制限のようなものだと思っている。この”一貫性”にこだわるあまり、私は自分にどれほどの制限をかけてきたのかを思うと、泣けてくる涙

    どんなに立派な船も、無数の方向転換を繰り返しながら進んでいく。蛇行しているように見えても、ある程度の距離から眺めれば、実はひとつの方向に向かって、まっすぐに進んでいることがわかる。それと同じように、もし誠実に行動するなら、それがその行為はもちろん、あなたが行うすべての誠実な行為を説明してくれるだろう。


    エマソンの言うとおりだと感じた。
    そして”一貫性”にこだわってきた自分も、これからの自分もきっとそんなに矛盾しないのだろう。

    ただそのためには、”いま自分が何を考え、感じ、行動しているのか”に目覚めている必要がある。
    もちろん100%は難しくても、それに目覚めている感覚を味わう経験がたくさんのことを教えてくれる。

    来月のブルース先生のWSでも、それを参加者のみなさまに体験してほしいと思っている。
    自分に”YES”と言うためにも、自己信頼は不可欠な要素だからちゅん 
    posted by: enlightenblog | アウェアネス | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.enlighten.jp/trackback/1203973
    トラックバック