Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ポスペ モコ時計
オーラソーマ 今日のボトル
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
教えられる喜び
0
    教え始めて間もない私にとって、アレクサンダー・テクニークを教える機会があるということだけでとても有り難いと思う。

    かつて、公立学校で教師をしていた頃は、生徒がいるのが当たり前、授業があるのが当たり前だった。

    今は、その生徒を自分で見つけ、教える機会を自分でつくっていかなければならない。”学びたい”と思ってくださる生徒さんがいてくださることに感謝の気持ちでいっぱいに自然となる。
    さらに今は、”教えたい”ことを教えることができる喜びがある。アレクサンダー・テクニークを教えることそのものが楽しく、幸せを感じる。
    自分にとって、天職と言えるのかもしれない。

    生徒が学ぶことを楽しんでくれる、満足してくれる、なんて幸せなんだろう。

    かつて、同僚の方が転勤される際、お別れの挨拶で「ムチを振り振りチーパッパ」っていうすずめの学校ではなく、「だーれが生徒で先生か〜♪」というめだかの学校がいい、という話をされていた。

    アレクサンダー・テクニークは、先生が正しい答えを知っているのではなく、共に学び合うまさにめだかの学校のようです。
    生徒がすでに持っているものに気づく手助けをするのが教師の役目。

    私の尊敬する先生の一人ロビン・アヴァロン先生は、こう言われた。
    「教師は、明確な質問をもっていないといけない、もっといえば、明確な答えをもっていてはいけない」
    忘れないようにしよう。
    posted by: enlightenblog | アプリシエイト | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.enlighten.jp/trackback/619588
    トラックバック