Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ポスペ モコ時計
オーラソーマ 今日のボトル
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
チェ・ゲバラ
0
    昨日読んだ本の中でチェ・ゲバラという固有名詞が出て、12日のシェアリングデーでも、「チェ28歳の革命」という映画が話題になっていたのを思い出した。

    今日は映画館がレディースデーなので、観に行ってきた。

    午前中、別の本を読んでいたので、映画への行きしな、車の中でつらつら考えていて、もしかして自己受容というのは、現在の自己イメージをあるがままに受け入れる、という意味だと私は思っていたのだが、それはそれは寛大でないと難しいと感じていた。
    でももし、自らのうちに神性を見出す、そのことを自己受容と捉えたらどうなんだろうか?ということが頭に浮かんだ。

    劇中、チェ役の男が、「これはクーデターではない。革命だ。」というセリフがあった。そんな違いもわからない、歴史認識もない私だったが、
    革命か否かより、私には、チェその人の人間性が意外だった。

    それは、山中などでゲリラ戦を戦う兵士に対する偏見だったのかもしれない。それとも、旧日本軍のイメージか?
    だが考えてみれば、部下に慕われる指導者の倫理観の高さ、人としての高潔さは当たり前かもしれない。

    彼は、教育係であり、医者であり、裁判官であり、兵士の相談役でもあった。村人たちを啓蒙し、保護し、導いた。

    生まれ変わるたびに魂が成長するのだとしたら、一体彼は何度生まれ変わったのだろうか、そう思わずにはいられなかった。
    一方で、自分の中の神性に気づくことができれば、彼の高潔さに近づくことも不可能ではないのかもしれないとも思った。
    posted by: enlightenblog | オーラ・ソーマ | 16:53 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    いろいろ検索してて辿り着きました。
    自分を光輝かせよ・・いい言葉です。

    チェゲバラの映画、私も見に行きたくなりました。
    元気付けられる、映画、読み物あれば
    教えて下さい。

    | kei | 2009/02/07 8:38 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.enlighten.jp/trackback/871612
    トラックバック