Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ポスペ モコ時計
オーラソーマ 今日のボトル
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2013年11月Robyn先生が教えるLIABレベル1&2コース
0
    2013年11月16.17日大阪にて
    ロビン・アヴァロン先生が教えるLIABレベル1&2コースが開催されました!

    リビング・イン・ア・ボディ西日本オフィスとして開催する久しぶりのロビン先生のコース、
    自分でもインストラクターとして教えたことのある内容にもかかわらず、やはりロビン先生から学ぶことは今回も多かったねっ
    そして参加者の方々からの学び、レベル2コースの受講生のTeachingからの学び、
    わたし自身の身体の地図がまたまたアップデートされました!

    さすが関西!参加者の方々のノリが良く、楽しい学びの場でした。

    続きを読む >>
    posted by: enlightenblog | - | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ローザ先生とのアクティビティ・レッスン
    0
      ひさしぶりにローザルイザ先生にお会いし、アクティビティ・レッスンを受けました。
      場所は、島根県松江市(Aru Quality Pro主催)です。
      3日間の合宿形式で行われていましたが、都合で部分参加、日帰りでの参加でした。

      ローザルイザ先生に初めてお会いしたのは、アレクサンダー・アソシエイツ主催の多治見合宿でした。
      アレクサンダー・テクニークは単なるボディ・ワークではないことと、”今、ここにいる”ということについての新しい発見があったのを覚えています。

      ATI公認教師となるためのアセスメントを受けさせていただいた3人の教師のうちのお一人でもあり、そのときローザ先生から学んだこと(アセスメントを受けたときの強烈な印象)が今も忘れられません。

      今回はアクティビティ・レッスンを受けるチャンスがありました。
      小さな紙に名前を書いてボールにいれ、それをさらに1日だけ参加の人と全体参加の人に分けて、くじを引く形で順番を決められたのも印象的でした。
      やるにしても一番はイヤだなぁ〜と思っていると、思いっきり”Hiroko”と呼ばれましたえ
      そして、”篠笛を吹く”をやってみました。

       
      続きを読む >>
      posted by: enlightenblog | アレクサンダー・テクニーク | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      あなたはどっち? 〜リビング・イン・ア・ボディ〜
      0
         もし2人の演奏家がいたとします。
        あなたは、どちらのからだを持っている人の演奏を聴きに行きたいですか?

        左の人?それとも右の人ですか?そして、それはなぜですか?

        リビング・イン・ア・ボディのコースの始めによくする質問です。
        すると左の人が良いという人より、右の人の演奏を聴きたい、という人の方が多数です。
        なんだかわからないけど、面白そうだから、自由な感じがする、堅苦しくなさそう・・・など。

        ところが、次のように聞くと答えは逆転します。
        では、もし会計係を任せるとしたら、どちらの人ですか?
        左の人がなぜか優勢になります。
        理由は、ちゃんとしてくれそう、正確できちんとしてくれそう・・・と。

        ちゃんとしている、正確、きちんとしている・・・左の人は本当に正確かしら?
        続きを読む >>
        posted by: enlightenblog | - | 06:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        アクティビティ・レッスン withブルース・ファートマン
        0
           ブルース先生のグループレッスンの中で学ぶことの多いのは、なんと言ってもアクティビティ・レッスン!と私は思っている。

          アレクサンダー・テクニークは、ハンズ・オン・ワークと呼ばれる独特の方法とともに生徒さんに学習していただくが、ブルース先生のように非常に洗練された人のワークを受けると、その変化の大きさ、自由度の拡がりから学ぶというより、してもらったというような”受身”の感覚に陥られる場合も多くなる。

          フィードバックでも、ブルース先生のワークを受けて「治してもらった」という意味の発言をされる方も少なくない。

          しかし、アレクサンダー・テクニークは『学習であって、治療ではない』のである。

          その違いが際立つのが、アクティビティ・レッスンではないだろうか。

          参加者が、それぞれの立場でやってみたい課題を挙げる。

          人前で話す。
          職場の苦手な人についイライラしてしまうのを何とかしたい。
          初対面の人と話すとき緊張してしまう。
          介護をしている母をベットから車椅子へ移ってもらう。
          楽器を演奏する。
          セラピストたちの仕事の一場面。

          などなど、私たちの生活の一場面、動きのあるところにすべて学びがあります。

          私自身もグループレッスンや個人レッスンでアクティビティ・レッスンをしますが、
          ブルース先生のアプローチの仕方、つまりは教え方が
          いつも驚きと学びの宝庫なのです。

          なにが、そんなに違うのか?!
           
          続きを読む >>
          posted by: enlightenblog | アレクサンダー・テクニーク | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ブルース先生のWSを終えて
          0
            2013年3月30・31日ブルース・ファートマン先生をお迎えし、
            広島県福山市において第2回目となるワークショップを開催することができました。

            昨年は初開催だったため、オーガナイザーの私自身がテンパってしまい、
            ワークショップのタイトルが『自分と一緒にいるために』だったにもかかわらず、
            まったく自分と一緒にいられない状態でした。
            そのため、ワークショップ終了後の私の生徒さんの反応もいまひとつであったと感じられました。
            実際、ありがたいことに改善点をいくつかご指摘いただき、 それを次回に必ず活かそうと思い、今回を迎えました。

            数日前から同じくテンパった状態ではありましたが、
            今回は前日から来られたブルース先生に、私自身の希望をお伝えし、
            また2日間の開催だったため、1日目を終えてから、またワークショップの最中にも
            可能なかぎり私の意向をお伝えすることができたため、

            私自身が楽しめて、感動して、そしてだからこそ学べるワークショップとなりました。

            そう考えると、参加者の方々が一緒に学ぼうと考え、集まってくださったおかげで 今回もワークショップが開催することができたことをとても有難く感じています。

            参加者のみなさま、本当にありがとうございました。
            集合写真
            posted by: enlightenblog | アプリシエイト | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |